女子旅におすすめのスーツケースはどっち?リモワとグローブトロッターを金額、使いやすさ、デメリットなど5項目で比較してみた!

個人私物スーツケース
<center>スポンサーリンク</center>
目次

女子旅におすすめのスーツケースはリモワとグローブトロッターならどっち?

私は現在3つのスーツケースを愛用しています。

3つの愛用しているスーツケース
3つの愛用しているスーツケース

GROBE-TROTTER  パターンオーダーセンテナリーエクストララージスーツケース

グローブ・トロッター33インチ
グローブ・トロッター33インチ

容量  33インチ 2ホイール
カラー ネイビー×バーガンディー
素材  ヴァルカンファイバー
サイズ 88×54×29cm(3辺171cm)
重さ  6kg

RIMOWA(リモワ)旧トパーズチタニウム
(今は名前が変わっていました→ORIGINAL )

RIMOWA トパーズチタニウム
RIMOWA トパーズチタニウム

 

容量 64リットル 4輪 ゴールド
カラー ゴールド
素材  ジェラルミン(アルミニウム合金)
サイズ 約45 x 68 x 26 cm
重さ  5.8g


RIMOWA(リモワ)旧サルサデラックス
(今はEssential)

RIMOWA サルサデラックス
RIMOWA サルサデラックス



容量 78リットル4輪  
カラー ブラック
素材  ポリカーボネート
サイズ 約75×49×27cm
重さ  5.4g

リモワとグローブトロッターの両方を持っている私としては、見た目の可愛さやオシャレさを
重視したい人にはグローブ・トロッターをおすすめします。

しかし、機能性や使いやすさを重視したい人にはリモワのほうがおすすめだと思います。

結局、最後は「使いやすいか」ということが重要になるので、あくまでも私個人の意見ですが預ける荷物としてはリモワを使い続けると思います。

あくまで私個人の結論ですがRIMOWA(リモワ)の旧サルサデラックス(Essential)が一番使いやすかったです。

理由は、金額的にもリーズナブルなので傷がついたとしてもそんなに気にならない。

海外に持っていくとどうしても傷がつくのが気になってしまうので。

しかも軽くて持ちやすい。(私が神経質すぎるのかも。)

スイスイ静かに運べる。
1週間くらいの荷物は余裕で入るのも気に入っています。

ファスナーで開閉するタイプは初めて使ったのですがたくさんものを入れても閉まりやすくてとても便利でした。

ただ見た目がお洒落なグローブトロッターは機内持ち込み用にはピッタリです。

リモワがまた新しい色のスーツケースを出しましたね。

今回はパステルで女性の方も持ちやすそうな色がありそちらも気になります。

すぐに買うのはちょっと、という方はまずはレンタルしてみるのもいいですよね。
使ってみて気に入ったら新しいスーツケースを購入するのもありです!

リモワとグローブトロッターを5項目で比較してみた!

この記事では女性目線でリモワとグローブトロッターを選ぶときに気になるポイントを5つ選んで比較してみることにしました。

比較する項目は次の5つです。

  • 見た目のデザイン
  • 機能性
  • 大きさと重さ
  • 価格
  • デメリット

リモワとグローブトロッターのデザイン性を女性目線で比較してみた

リモワグローブトロッター
外観写真
可愛さ
目立ち度
高級感

RIMOWA
120年の伝統を誇るブランドでドイツのケルンで創業。
最初は小さな工場で木のスーツケースから始め、1937年に創業者の息子
リヒャルト・モルシェックがアルミニウム製のトランクを作ったことで頭文字を取って
RIMOWA が誕生しました。


RIMOWAの特徴でもある波のようなデザイン(グルーブデザイン)は120年変わらずに続いているのは本当にすごいことだと思います。
このデザインは航空機からインスピレーションを受けて作られているのでとても軽くて丈夫です。
素材はジュラルミン製とポリカーボネート製の2種類。
すべてのスーツケースにこのグルーブデザインが施されています。

リモワ・グルーブデザイン
リモワ・グルーブデザイン

Supreme やポルシェとのコラボ商品もものすごくかっこいいですよね。

あくまで私個人が思ったことなのですが、リモワは可愛さよりもどちらかといえばシンプルでシャープでかっこいいので男性的な感じがします。

もちろん女性が持ってもかっこいいです。

GLOBE-TROTTER
グローブトロッターは、1897年にデイビット・ネルケンという英国人によって創業されました。
グローブトロッターは1897年当時とほとんど変わることない手法で作られています。

グローブトロッターが作ったヴァルカン・ファイバーを使ったスーツケースででできているんです。この紙が使えば使うほど強靭になっていくという不思議な紙なのです。
下の画像は1900年の広告で「象が乗っても壊れない」と実際にジョンと言う名前の象がスーツケースに乗っています。


1900年のグローブトロッターの広告(OWNER`S  HANDBOOKより)
1900年のグローブトロッターの広告(OWNER`S HANDBOOKより)

グローブトロッターもエルメスやグッチ、最近ではディズニーとのコラボもありました。
これがまたものすごく新鮮!可愛い!

コラボ商品は限定品なので早く買わないとすぐに売り切れてしまいます。

グローブトロッターはコラボ商品を見てもわかるように可愛らしい商品が多く女性が好むものが沢山あります。これを持って旅行の行くことを想像するだけでもワクワクします。


リモワとグローブトロッターの機能性を女性目線で比較してみた

スクロールできます
リモワグローブトロッター
外観写真
機能性
耐久性
耐水性
収納力
TSAロック
ホイール
ハンドル

それでは一つずつ比較していきたいと思います。

機能性

RIMOWA

総合的に見てもリモワの機能性はとても素晴らしいと思います。
すべての機能性を完璧なまでに作り上げている技術は120年進化のために改良をし続けながらもほとんどモデルチェンジをしていないのはすごいことですよね!(最近ブランドロゴは変わりましたね)

空港へ行けば必ずリモアを持った人が沢山います。
どの人のスーツケースそれぞれの個性があって全部同じリモワなのに全く違って見えるのも不思議です。

パッと見てひと目でリモワだとわかるディテールで、使いこなしている人のスーツケースは本当にかっこいいな~と思います。長い年月使いこなしているということは愛着もあるのかもしれませんが丈夫で長持ちをする、壊れたとしても直してでも使いたいということですよね。


機能性


GLOBE-TROTTER

TSAロックと一切余計なものは必要ないということでポケットも何も付いていないシンプルなデザインで機能性としてはリモワが優れているのだと思いますが、もともとグローブトロッターはイギリス王室御用達でエリザベス女王やウインストン・チャーチルなどが持っていることを考えても自分で空港まで持っていく必要のない人たちが優雅に旅をするためのスーツケースなのだと思います。

耐久性

RIMOWA

ポリカーボネートで作られているトパーズチタニウム
ポリカーボネートで作られているトパーズチタニウム

手作りとハイテクの融合」と言うことから生まれたポリカーボネートラゲージが作られたことで究極の耐久性を持つ素材が作られ、灼熱のアラブから極寒のアイスランドまで湿度、寒さ、暑さなど全てから守ってくれるというものすごい耐久性を持つスーツケースができました。
ポリカーボネートは航空機にも使われているくらい丈夫な素材です。

実際に使ってみてトパーズチタニウムは10年以上50回以上飛行機に乗っていますが、一度も壊れたことはありませんでした。空港で投げられても落とされても傷は付いていますがまだまだ
使えます。

耐久性

GLOBE-TROTTER

特殊な紙でできたヴァルカン・ファイバー
特殊な紙でできたヴァルカン・ファイバー


グローブトロッターも120年以上、ほとんど変わることなくイギリスの工房で手で職人が一つ一つ作り上げているのに本当に丈夫なの?紙なのに?と、思いませんか?

しかも細部を見ても本当にこだわりが感じられる繊細な作りで見ていてもため息が出るほど綺麗です。実際の耐久性は「象が乗っても壊れない」という広告があったことからも特殊な紙を何枚も重ねて作り上げていてとても軽くて強度の強いヴァルカン・ファイバーという素材です。

耐水性

RIMOWA

耐久性と同様にポリカーボネートラゲージで作られているのでもちろん雨にも強く中のものまで
濡れたりすることはないです。
ただそのままにしておくとTSAロックの部分とかが錆びてしまうので気をつけたほうがいいです。濡れてしまったら必ず乾いたタオルで拭いてください。

耐水性

GLOBE-TROTTER

ヴァルカン・ファイバーはもともと紙で作られていますので雨や水には弱く濡れたりすると紙に水を垂らしたときのような歪みが出てしまうので濡れたときにはすぐに乾いたタオルで拭き取ったほうがいいです。

昔は色落ちもあったみたいですが今は技術が進んで色落ちもしにくくなったみたいです。

https://twitter.com/rptr10krpm/status/1548141089047347200

収納力

RIMOWA

RIMOWA のスーツケースの中身
RIMOWA のスーツケースの中身

リモワは両面で開くタイプで左の画像にあるフレックスディバイダーが付いているので荷崩れすることもなく。ネットポケット付いているのでスリッパやエコバッグ、細かいものの収納が出来て便利です。下の荷物は10日分の荷物が入っています。

フレックスディバイダーは取り外すこともできます。

このスーツケスは78Lで大体一週間以上の旅行のときに使っています。
洋服も10枚以上・ボトムス4枚・ワンピース・下着類水着・サンダル・洗面道具・バッグ・化粧ポーチなどすべて入っています。多分もっときれいに詰めればまだまだ入りますが、お土産を入れるスペースは残しておきたいのでこんな感じです。

収納力

GLOBE-TROTTER

GLOBE-TROTTERの中身
GLOBE-TROTTERの中身

GLOBE-TROTTERのスーツケースはBOXタイプで片面のみに収納するようになっていて狭い場所でも片面だと開閉しやすくて便利です。
見た目もかなりスッキリとした感じで沢山物が入ります。
ただ荷崩れは縦にしたときにはズレやすいので下になる方に重たい荷物を入れるといいと思います。

普段このスーツケースの中は使っていないBAGや小物をしまっていますがものすごく入る分移動をさせるときは重たくて大変です。

TSAロック

RIMOWA

TSA承認ロック
TSA承認ロック



TSAロックが付いているのでセキュリティが守られる。今はほとんどついているものが多くなってきているけれどこれが付いていないと鍵をかけたまま預けてしまうとガシガシと壊されることもあるし、鍵をかけないで預けるのも不安なのでTSAロックがついていると安心。

TSAロック

GLOBE-TROTTER

グローブトロッター鍵タイプ
グローブトロッター鍵タイプ


グローブトロッターはTSAロックが付いていなくて鍵をかけるタイプのものなので昔は鍵をしめたまま預けてしまって壊された人が結構いたらしい。

私は壊されたら嫌なのでグローブトロッターは手荷物用として持つのがいいと思います。

鍵の開け方が最初わからなかったという人いませんか?
鍵穴の部分を右側は右に→スライド、左側は左に←スライドさせて開けます。

ホイール

RIMOWA

8個のマルチホイール
8個のマルチホイール

8個のホイールによって360度の方向転換が出来ることでらくらくと動かせることが出来て
女性にとってはとてもありがたい。

マルチホイールはリモワが特許取得している。
360度の方向転換ができるのでとても静かに楽に運べる分すぐに動いてしまうので安定性はあまりないのかなと思いました。電車の中は揺れるのできちんと持っていないとスイスイと勝手に動いてしまい危険です。

ホイール

GLOBE-TROTTER

GLOBE-TROTTER  2ホイール
GLOBE-TROTTER 2ホイール

2ホイールタイプのトローリー型なので一定方向にしか動かないので安定感はあるものの、このサイズが大きすぎて女性には持ち運びには重すぎるのと動かしにくいところが少し残念。
無理に動かして床に傷が付いてしまいました。
ただサイズを小さくして4ホイールのものにすれば動きも全然違ってくると思います。
大きいサイズほど4ホイールのほうが動かしやすくていいと思います。

ハンドル


RIMOWA

リモワ持ち手の部分
リモワハンドルの部分

ハンドル部分はテレスコープハンドルという長さを調整できるハンドルで持ち運びがとても楽です。自分の身長に合わせて調節が出来るので運ぶときは絶対に使います。後は、グリップが上と横に付いていますが私は持ち運ぶときはほとんどグリップは持たないです。
持ち上げるときくらいしか使っていません。

ハンドル

GLOBE-TROTTER

GLOBE-TROTTERレザーストラップ
GLOBE-TROTTERレザーストラップ

グローブトロッターはハンドル部分のことをレザーストラップと言います。
ショップの人が教えてくれました。
両角のレザーのことはレザーコーナーというらしいです。

ただ33インチのこのスーツケースはレザーストラップが上の部分と横に2つのみでハンドルは付いていません。付いていたとしても大きすぎて伸ばして使うのはよっぽど背の高い人じゃない限り必要ないと思います。

レザーストラップ自体はとても持ちやすいです。

リモワとグローブトロッターの大きさと重さを女性目線で比較してみた

リモワグローブトロッター
外観写真
大きさ
重さ

私が一番買うときに困るのがサイズの選び方です。
ショップで見たときにはそんなに大きく感じなくても実際に家に届いたらものすごく大きくてビックリしたのがグローブトロッターの33インチでした。

結局このスーツケースはサイズが大きすぎて一度も旅行には使っていません。

スーツケースを選ぶときには機内持ち込み用なのか預けるものなのか、一人で使うのか、それとも家族の分もまとめて入れるのか、何泊するのかを考えて購入しないと私のように結局使えなかったということになります。

まず一人分の荷物として考えて何泊するのかで考えてみるとだいたい大きさがわかってきます。

1泊〜3泊位 なら→32Lくらいがちょうどいい大きさになります。
3泊〜5泊位なら →34L~67L(67Lあれば1週間位余裕でいけそうです)
5泊〜10泊位なら→67L~82L(78Lが女性にはちょうどいい大きさだと思います)
10泊以上 → 82L〜98L(このくらいの大きさになると女性が持つのには大きすぎます)

インチ

私も最初インチと言われてもどのくらいの大きさなのかよくわからなかったのでVULCANIZELONDONのサイズを書いておきます。

スクロールできます
サイズ容量重量
33インチ 88×54×29cm(3辺171cm)エクストラディープ約100L6.0kg
30インチ 81×48×26cm(3辺155cm)エクストラディープ約80L5,2kg
28インチ 75×48×26cm(3辺149cm)エクストラディープ約70L5,0kg
26インチ 66×42×24cm(3辺132cm)スーツケース約53L4.0kg
26インチ 70×42×26cm(3辺138cm)トロリーケース約52L4.5kg
21インチ 59×43×21cm(3辺123cm)トロリーケース約35L4.2kg
18インチ 53×39×20cm(3辺112cm)トロリーケース約28L3.6kg
18インチ 46×40×17cm(3辺103cm)エアキャビンケース約29L2.4kg

私が今持っているリモワのスーツケースは64Lと78Lです。
1週間以上の海外旅行は78Lを使用しています。

国際線預け入れ荷物(縦・横・高さ)の合計
キャスターと持ち手を含む。

JAL国際線1個あたり3辺 203cm以内
ファースト・ビジネスクラス3個まで無料・重量32kg
エコノミー2個まで無料・重量23kg


ANA国際線1個あたり3辺 158cm以内
ファーストクラス3個まで無料・重量32kg
ビジネスクラス2個まで無料・重量32kg
プレミアムエコノミー、エコノミー2個まで無料・重量23kg

リモワとグローブトロッターの価格帯を女性目線で比較してみた

スクロールできます
リモワグローブトロッター
外観写



価格帯
シリーズORIGINAL Cabin (旧トパーズチタニウム)  173,800円
ORIGINAL Cabin S (新商品)166,100円
ORIGINAL Compact  173,800円
ORIGINAL ・Check-in M 201,300円
ORIGINAL・Trunk S   243,100円
ORIGINAL・Trunk 267,300円
ORIGINAL・Plus  283,800円
ORIGINAL・XL   300,300円
他にもあります。
センテナリースモールキャリーオン  236,500円            
センテナリーキャリーオン4ホイール 258,500円 
センテナリーミディアムチェックイン    
4ホイール 313,500円
センテナリーラージチェックイン 
4ホイール 363,000円
Essential(旧サルサデラックス)
Essential Cabin S  105,600円
Essential Cabin (新商品) 110,000円
Essential Check-in M 127,600円
Essential Check-in L 139,700円
Essential Trunk 166,100円
Essential Plus 176,000円
サファリスモールキャリーオン  253,000円
サファリキャリーオン 4ホイール 275,000円
サファリミディアムチェックイン4ホイール 
313,500円
サファリラージチェックイン 4ホイール 
379,500円
EssentialLITE Cabin U 78,100円
EssentialLITE Cabin S 82,500円
EssentialLITE Cabin 85,800円
EssentialLITE Check-inL 78,100円
オリジナルスモールキャリーオン  154,000円
オリジナル キャリーオ4ホイール 176,000円
オリジナルミディアムチェックイン 
4ホイール 242,000円
価格表

リモもグローブトロッターもまだまだ沢山の商品があります。
リモワだと10万円以下のスーツケースもあり、私が個人的におすすめなのはEssential Check-in L \139,700 新商品です。カラーが11色展開されていて容量も85L、重量も4.8gとかなり軽量です。ただ人気があって完売しているカラーもありました。

詳しい情報はこちらから見ることができます。 
  

リモワとグローブトロッターのデメリットを女性目線で比較してみた

リモワグローブトロッター
外観写真
デメリットキャスターが壊れやすい。
アルミニウム製のスーツケースは少し重さ
がある。
アルミニウム製のスーツケースは傷が
目立つ。
アルミニウム製のスーツケースは凹み
やすい。
他の人とカブリやすい。
両面開きなので場所を取る。
水に弱い
傷が目立つ
TASロックがついていない。
荷物がズレやすい。
値段が高い
2ホイールは動かしにくい。
インチがわかりにくい。

デメリットはこの2つのスーツケースに関してはあまり出てこなかったです。
どちらも120年以上の伝統があり手作業で一つ一つ丁寧に自信を持って作っているので金額面だけが少し高いと思う方はいると思いますが、汚れや傷も使いこなしていくとそれはそれでお洒落に変わりますよね。
故障に関してもきちんと保証もついているのでそれほどのデメリットではないかもしれません。

まとめ

悩む人

新しくスーツケースを買うならリモワグローブトロッター
どっちがいいんだろう?

ao

私もどちらがいいのか、ものすごく悩みました。
両方とも魅力的なので購入をするときにどちらにしようかすごく悩みました。

悩む人

金額で選ぶか、デザイン?それとも使いやすさ?
たくさん入った方がいいの?
なかなか決められない…。

ao

私が一番最初に買ったスーツケース
通販で一万円位の安いのを買いましたが
二度目の海外旅行の帰りに
壊れてしまいました!!

悩む人

安物はすぐに壊れるっていうイメージがあるけど
やっぱりそうなんだね。

ao

旅先でガムテープを買って補強して帰りました!
旅行中に壊れたら本当に困りますよね。

悩む人

最悪だね。(T-T))

その時に次に買うときには良いものを買おうと心に決め、色々調べて選びました。

海外旅行は年に数回しかいかないので
高い買い物にはなりますが
一生物になりますし、何より旅行中に
壊れたら本当に悲惨です。

高いから壊れないわけではありませんが、
やはり作りはきれいで丈夫です。

特にリモワは以前は5年間保証が今は生涯保証になっていて、グローブトロッターは
10年の保証が付いているので安心です。

グローブトロッターは飾っているだけでも
お洒落です。

しかも沢山入るので使っていないバッグなどを収納していてとても便利です。

私は見た目はグローブ・トロッターが
好きですが、
使いやすさはリモワが安心して使えるところが好きです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

個人私物スーツケース

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

誰のルールにも縛られず 自由に自分の力で生きていく‼
そう決めたaoです‼ 
毎日が実験だと思い、色々と興味のある事に
チャレンジし発信しています。

目次